定年後の再雇用 「同じ仕事なら同賃金」の判決は朗報か

公開日: 更新日:

 サラリーマンには朗報なのか、それとも――。

 横浜市の運送会社「長沢運輸」を定年退職し、再雇用された3人の運転手が、「再雇用後の賃金引き下げは違法だ」とし、定年前と同じ賃金支払いを求めた訴訟を起こしていた。

 東京地裁は13日、「仕事内容が同じ場合は賃金格差があってはならない」と指摘し、賃下げは違法だとする判決を下した。

「定年後の再雇用時に賃金が3~4割減るのは通例だし、仕方ないと思っていた。賃金維持という判決はうれしい限りです」(大手メーカー社員)

 確かに再雇用で給与が減らないのは朗報だろう。だが、雇用する側の都合もある。

「現在は大手や中小の区別なく、社員が希望すれば65歳まで雇用しなければなりません。定年延長や再雇用など、会社によってシステムは異なりますが、再雇用の場合、賃金が減少するのは当たり前でした。それが違法だとなると、会社側もいろいろと対策を練るかもしれません」(東京商工リサーチ情報部の関雅史氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る