定年後再就職 元エリート社員はなぜ落とし穴にハマるのか

公開日:  更新日:

 サラリーマンにとって「豊かな老後」は「死語」となりそうだ。政府は、65歳以上で新しく職に就いた人も、失業した場合に一時金を受け取れるよう法改正する方針を固めたという。表向きは、仕事をしている高齢者のリスク軽減策とされるが、実際は年金支給年齢の70歳引き上げを見越してのこと。年金を出せないから働いてくださいよ、というわけだ。死ぬまで働く。それが「1億総活躍」の社会である。

 だとすれば、定年後は速やかに職を見つけなければならないが、これが簡単ではない。

「下流老人」という言葉が話題になっている。社会福祉士の藤田孝典氏が著書の中で述べているのだが、それを知らなくても、「老後、どうやって暮らしていけばいいのだろう」と漠然とした不安を抱いている人は多いだろう。

 はっきり言えるのは、現役時代の役職は全くアテにならないということだ。シニアライフアドバイザーの松本すみ子氏は「勘違い元エリート」をたくさん見てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る