東芝も大規模募集する早期退職 「損得」のボーダーは?

公開日: 更新日:

 不正会計の発覚以来、事業の見直しを進める東芝がテレビ事業からの撤退を発表。これに伴い数百人規模の早期退職を実施する。さらに不採算事業の統廃合が進めば、子会社や関連会社の社員にも影響は及び、もはやリストラは他人事ではない。さてこの早期退職、受けるべきか、やめるべきか?

 東芝が新年早々からリストラだ。対象は半導体事業の約7900人のうちの約1200人。15%ほどの人員を、早期退職か他工場などへの再配置を予定している。また、アシックスは350人、サニックスも300人の早期退職を募っている。

 早期退職を受けるべきか。その損得のボーダーをリストラ問題に詳しい中森勇人氏に聞いてみた。

●チェックその1「割増退職金の金額」

 退職金は定年前なら規定(就業規則)により目減りするのが普通だが、早期退職の場合は満額になるはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る