東芝も大規模募集する早期退職 「損得」のボーダーは?

公開日: 更新日:

 不正会計の発覚以来、事業の見直しを進める東芝がテレビ事業からの撤退を発表。これに伴い数百人規模の早期退職を実施する。さらに不採算事業の統廃合が進めば、子会社や関連会社の社員にも影響は及び、もはやリストラは他人事ではない。さてこの早期退職、受けるべきか、やめるべきか?

 東芝が新年早々からリストラだ。対象は半導体事業の約7900人のうちの約1200人。15%ほどの人員を、早期退職か他工場などへの再配置を予定している。また、アシックスは350人、サニックスも300人の早期退職を募っている。

 早期退職を受けるべきか。その損得のボーダーをリストラ問題に詳しい中森勇人氏に聞いてみた。

●チェックその1「割増退職金の金額」

 退職金は定年前なら規定(就業規則)により目減りするのが普通だが、早期退職の場合は満額になるはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    阪神藤浪は0勝で25%減更改 現役ドラフト導入なら1位指名

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る