ビジネス界で“集団転職”急増 成功に欠かせないルールは?

公開日:  更新日:

 SMAPの独立騒動は、全員がジャニーズ事務所に残留することで決着した。みんなで別の事務所に移籍するつもりが、キムタクのリタイアでご破算に。結局、元のさやに収まった。

 今も昔も芸能界は移籍に寛容ではないらしいが、ビジネスマンの世界では、みんなで他社に移籍する“集団転職”が増えているという。

「典型的なのは、金融会社やITなどの技術系企業でのケース。同じ業界内なら、会社が変わっても仕事は大きく変わらないし、受け入れる側からすれば、気心が知れたチームまるごとなら、即戦力として期待できます。私自身、2度、集団での転職を経験していますよ」

 こう言うのは、経済評論家で楽天証券経済研究所客員研究員の山崎元氏だ。

 ただし、集団転職を成功させるには、絶対に欠かせない基本があるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る