全国各地で大騒ぎ サミット直前「爆破予告」が止まらない

公開日: 更新日:

“爆破予告”が止まらない――。

 今月だけでも、関西学院大、立命館大、阪急電鉄、JR東日本、岸和田市、函館市、柏市、厚木市などに“爆破予告メール”が届いている。

 関西学院大は5日間も休校に追い込まれ、立命館大も予告日に全国の6キャンパスを立ち入り禁止にした。岸和田市は市の施設約100カ所を閉鎖。厚木市では市職員ら約650人が一時避難する騒ぎになっている。

 いったい誰が、どんな目的でやっているのか。犯人を捕まえることは難しいのか。ITジャーナリストの井上トシユキ氏に聞いた。

「恐らく愉快犯でしょう。犯人を特定することは、さほど難しくないと思います。匿名化システムに登録すれば送信元は隠せますが、登録はかなり煩雑。複数の本人確認など手続きが必要で、数カ月の時間も要する。愉快犯が“登録”するとは思えません。だから、爆破予告をした人間は次々に逮捕されているはずです。実際、捕まることが多い。問題なのは、1人捕まっても、次から次に模倣犯が出現していることです」

 模倣犯が後を絶たないことに、頭を抱えているのが警察だ。ただでさえ、伊勢志摩サミットの警備に人数を割かれている。ただの愉快犯だと分かっていても、万が一、爆破される恐れもあるだけに、無視するわけにもいかない。もし、1件でも本当に爆破されたら、パニックになるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  8. 8

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  9. 9

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

  10. 10

    バイきんぐ西村瑞樹さんが告白「サイテーな恋愛」の数々

もっと見る