暴力団に悲観 「山口組」サミット後に“解散なだれ現象”も

公開日: 更新日:

 伊勢志摩サミット開催が近いせいか、「6代目山口組VS神戸山口組」の抗争が沈静化している。そうした中、気になるのが富山市の暴力団の解散だ。今月10日、6代目系の「高田組」が県警に解散届を提出。事務所の取り壊し作業を開始した。同事務所は2~3月に火炎瓶を投げ込まれ、銃弾が撃ち込まれた。

「高田組は山口組の3次団体でしたが、昨年秋に山口組が分裂するや、神戸側に寝返る動きを見せた。そのため組長が6代目側から絶縁処分を受けたのです。組長が看板を下ろさず神戸側組織として抵抗する道もあったが、あっさり解散してしまいました」(地元関係者)

 警察庁の調査では全国の主要暴力団の構成員は2006年の3万1600人から、15年は1万4700人と半分以下に激減。いまや暴力団は“斜陽産業”だ。高田組は地方の小規模団体だが、「今回の解散は他の組織に影響を与える」と指摘する声もある。ジャーナリストの鹿島一男氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る