• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暴力団に悲観 「山口組」サミット後に“解散なだれ現象”も

 伊勢志摩サミット開催が近いせいか、「6代目山口組VS神戸山口組」の抗争が沈静化している。そうした中、気になるのが富山市の暴力団の解散だ。今月10日、6代目系の「高田組」が県警に解散届を提出。事務所の取り壊し作業を開始した。同事務所は2~3月に火炎瓶を投げ込まれ、銃弾が撃ち込まれた。

「高田組は山口組の3次団体でしたが、昨年秋に山口組が分裂するや、神戸側に寝返る動きを見せた。そのため組長が6代目側から絶縁処分を受けたのです。組長が看板を下ろさず神戸側組織として抵抗する道もあったが、あっさり解散してしまいました」(地元関係者)

 警察庁の調査では全国の主要暴力団の構成員は2006年の3万1600人から、15年は1万4700人と半分以下に激減。いまや暴力団は“斜陽産業”だ。高田組は地方の小規模団体だが、「今回の解散は他の組織に影響を与える」と指摘する声もある。ジャーナリストの鹿島一男氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る