広がる震災の余波…伊勢志摩サミット「警備」不足の深刻

公開日: 更新日:

 伊勢志摩サミットまであと1カ月。ある問題が浮上している。警備態勢の問題だ。警察庁では2万数千人規模の部隊を三重、愛知を中心に投入する予定だが、熊本地震の発生により現在、多くの機動隊が熊本に派遣されている。今もなお不明者の捜索や復旧作業、治安対策に取り組んでいて、部隊の派遣は継続される見込みだ。

 熊本県警によると、26日の段階で、全国35都府県の警察から派遣された警察官の数は約3500~3600人。その多くがサミットでも警備を担当する機動隊だ。1人の隊員が地震もサミットも担当することはできず、人手不足となるのは明らかだろう。

 しかも、今回のサミットの警備は大規模かつ複雑だ。開催される三重・賢島は海に囲まれており、陸・海・空からの警備が必要な上、空港から遠い。

 晴れれば、各国首脳は愛知県の中部国際空港からヘリで移動する予定だが、悪天候でヘリが飛ばなければ最悪だ。高速道と一般道を使う陸路移動となり、その走行距離は約195キロ。その道沿い全てを警備しなければならない。当日の天気がどうなるかは確証がなく、警察は空路、陸路のどちらでも対応できるよう訓練しておく必要があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る