日比谷も要警戒 サミット開幕でテロ脅威高まる「3都市」

公開日:  更新日:

 伊勢志摩サミットが始まった。怖いのは、いつどこでテロが起こるか分からないことだ。2万人以上の警官を動員している伊勢志摩近辺は安全だろうが、ヤバイのは警備が手薄になる他の地域だ。オバマ大統領の訪問が急に決まった広島、アジアやアフリカの首脳が集合している名古屋、金曜日に多くの人が集まる予定の東京・日比谷は要警戒だ。

■“生身”のオバマ大統領が危ない

 テロリストにとって、サミットは全世界に力を“誇示”できる格好の場だ。もちろん、日本の警察もそれは分かっていて、全国3500カ所のソフトターゲット(多くの人が集まる駅や商業施設など)に、7万人もの警官を投入している。駅前のコインロッカーは封鎖され、大都市や行楽地には警官がウジャウジャいる。ただ、どれだけ厳重な警備を敷いても、100%の安全はない。

 特に心配なのが、5月10日に急きょ、オバマ大統領の訪問が決まった広島だ。広島県警幹部が「マジかよ」と思ったほど急な決定だった。1年以上前から警備計画を進めてきた伊勢志摩とは違って、約2週間の“突貫工事”で警備態勢を整えなければならなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る