相次ぐ浄化作戦…東京五輪までに3大都市フーゾクは壊滅か

公開日:  更新日:

 三重県の有名な「風俗島」で閑古鳥が鳴いている。伊勢志摩サミットの会場の志摩観光ホテルから北東に約8キロ、的矢湾に浮かぶ「渡鹿野島」だ。三重県警の“警備強化”でコンパニオンが島外へ“避難”し、観光客も激減しているのだ。

 19日、警察庁が過去最大規模の2万3000人態勢で会場周辺を警備すると発表。警視庁も約1万9000人を動員し、新宿、渋谷など繁華街の警戒に当たっている。こうした物々しい警備に、大阪や名古屋の風俗業者も戦々恐々だという。

■大阪府警は“スケルトン作戦”を展開

「三重県に近い大阪では府警がキタやミナミで大がかりな摘発を行い、1年間に70カ所に上る風俗店と賭博店を一掃しました。別の業者が再利用できないように間仕切りや机を撤去させ、骨組みのような状態にさせてしまうため『スケルトン作戦』と呼ばれています。同じく愛知県もJKビジネスを全面的に取り締まる改正条例を施行し、県警が徹底捜査を行っています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る