甘利前大臣 国会サボって政治資金パーティーの“厚顔無恥”

公開日: 更新日:

 甘利明前経済再生担当相(66)の“口利きワイロ”疑惑で、東京地検特捜部があっせん利得処罰法違反などの疑いで告発されていた甘利氏本人から任意聴取していたことが分かった。甘利氏は事実を否定し、特捜部は近く、甘利氏と元秘書を不起訴処分にするとみられる。

 野党の追及に対し、「体調次第だが、早期に説明の機会をつくり、説明責任を果たしたい」と、あくまで“体調不良”をアピールしている甘利氏。その裏で、高額会費の「朝食会」を開催し、シレッと政治資金集めにいそしんでいた。

 甘利氏が26日早朝に、東京・千代田区のホテルニューオータニで開催した政治資金パーティーは、「再考・世界経済セミナー」と銘打った朝食会だった。参加したメディア関係者はこう言う。

「会合は朝7時30分受け付け開始で、8時30分スタート。終了時間は9時30分だった。会費は2万円でした。体調不良だったのかは知らないが、甘利さん本人は欠席で、代わりに関係者が登壇し、スピーチを行っていました。本人が不在だったためか、出席者は300人程度。ところが、パー券だけ買って欠席した人が、600~700人はいるとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る