甘利前大臣 国会サボって政治資金パーティーの“厚顔無恥”

公開日:  更新日:

 甘利明前経済再生担当相(66)の“口利きワイロ”疑惑で、東京地検特捜部があっせん利得処罰法違反などの疑いで告発されていた甘利氏本人から任意聴取していたことが分かった。甘利氏は事実を否定し、特捜部は近く、甘利氏と元秘書を不起訴処分にするとみられる。

 野党の追及に対し、「体調次第だが、早期に説明の機会をつくり、説明責任を果たしたい」と、あくまで“体調不良”をアピールしている甘利氏。その裏で、高額会費の「朝食会」を開催し、シレッと政治資金集めにいそしんでいた。

 甘利氏が26日早朝に、東京・千代田区のホテルニューオータニで開催した政治資金パーティーは、「再考・世界経済セミナー」と銘打った朝食会だった。参加したメディア関係者はこう言う。

「会合は朝7時30分受け付け開始で、8時30分スタート。終了時間は9時30分だった。会費は2万円でした。体調不良だったのかは知らないが、甘利さん本人は欠席で、代わりに関係者が登壇し、スピーチを行っていました。本人が不在だったためか、出席者は300人程度。ところが、パー券だけ買って欠席した人が、600~700人はいるとみられています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る