• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Xデーは7・18党大会か 現実味増すトランプ暗殺のシナリオ

 テッド・クルーズ上院議員が撤退表明したことで、共和党の指名獲得を確実にしたドナルド・トランプ。“泡沫”が“本命”に躍り出たことに共和党員からもため息が聞こえてくるが、現実味を帯びてきたのが「トランプ暗殺説」だ。

 トランプは低学歴・低所得の若い白人層から強い支持を受けているが、保守を自任する職業政治家や米軍関係者たちには煙たがれている。また、イスラム教徒や中南米系移民に差別的発言を繰り返すトランプに対し、昨年12月あたりからネット上にトランプへの殺害予告が次々と書き込まれている。

 大統領暗殺は米国の暗黒史だ。建国以来、現在のオバマまで暗殺された大統領はリンカーン、ケネディなど4人に上る。暗殺未遂、暗殺計画が明らかになったのは、公の記録に残っているだけで16人もいる。トランプは3月11日にイリノイ州で予定していた遊説を“保安上の理由”で中止し、翌12日にオハイオ州郊外で開いた集会で反対派の男がトランプを目がけて演壇に駆け上がろうとする“事件”が起きた。米紙ニューヨーク・タイムズの著名コラムニストがトランプの暗殺シナリオをツイートし、「不謹慎だ」と謝罪に追い込まれる騒ぎも起きている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る