参院選投票率 長野「1位」で徳島・高知「最下位」のナゼ

公開日: 更新日:

 全国で最も政治に関心があるのは長野県民? こんな数字が発表された。

 10日の参院選。総務省の集計によると、投票率の全国平均は54.70%。県別で最も高かったのは長野の62.86%で、以下、山形(62.22%)、島根(62.20%)、秋田(60.87%)、新潟(59.77%)の順だった。

 長野は前回(13年)の5位から1位に躍進したことになる。何が原因なのか。有権者の投票動向に詳しい明大教授の井田正道氏(計量政治学)に解説してもらった。

「長野は定数が2人から1人に削減されたうえに、元TBSキャスターの杉尾秀哉氏が登場したからでしょう。定数が減ると有権者は自分の一票の価値が重くなると認識します。票の『有効感』が高まるのです。おまけに杉尾氏が外部から舞い降りて大激戦と報じられた。投票率が高まるのも当然です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る