合法的に国家を乗っ取った 安倍独裁首相の次なる野望<1>

公開日: 更新日:

■ナチスさながら静かに進行したクーデター

 9年前の夏。土気色に染まった表情で辞任を表明した男と同じ人物とは思えないようなニヤケ面だった。

 自主憲法の制定を訴えたが、60年安保の狂騒の果てに志半ばで退任に追い込まれた岸信介元首相。そんな祖父の遺志で、自らの悲願である「改憲」に賛同する勢力が衆参で、ついに3分の2に達したのだ。安倍首相にとって07年の参院選で歴史的大敗を喫した屈辱、さらに祖父の「怨念」を晴らすには十分すぎるほどの“成果”だろう。

 安倍首相の再登板から約3年半。悪名高い大政翼賛会以来の圧倒的多数を制したプロセスは、アメとムチを駆使したメディアの懐柔策を抜きには語れない。

 まず手始めに安倍は、第1次政権時代に従軍慰安婦のドキュメントを巡って関係が悪化したNHK人事にロコツに介入した。3年前に会長職の決定権を握る経営委員に“シンパ”を送り込み、政権のイエスマン、籾井勝人会長を誕生させた。公共放送をあっさり籠絡すると、朝日新聞に狙いを定め、「安倍政権打倒が社是」と難クセ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る