• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

岡田民進代表 蓮舫氏“後継指名”で狙う野党共闘否定派封じ

 参院選で野党共闘を実現させ、辛うじて“勝敗ライン”だった30議席を上回った岡田民進党。しかし“反執行部”の保守派議員は「共産党と組んだから票が逃げた」と、9月に行われる代表選では“路線変更”を掲げ、岡田代表の対抗馬を立てるつもりだ。すでに前原誠司氏、細野豪志氏の名前が挙がっている。

「民進党内には“野党協力は成果があった”という声もありますが、野党共闘に反対してきた前原さんや細野さんは、あくまで失敗だったという立場です。もし、都知事選で“野党4党”が推す鳥越俊太郎さんが惨敗したら、『やっぱり野党協力は有権者に支持されていない』と、一気に“岡田降ろし”を強めていくはず。恐らく9月の代表選は、前原さんと細野さんが事前に話し合い、どちらかが出馬することになるはずです」(民進党事情通)

 “反執行部”は、前原誠司氏と細野豪志氏がタッグを組めば、不人気の岡田克也代表に圧勝できると計算しているようだ。しかし、2人が代表選に出馬しても惨敗するという見方が根強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る