岡田民進代表 蓮舫氏“後継指名”で狙う野党共闘否定派封じ

公開日: 更新日:

 参院選で野党共闘を実現させ、辛うじて“勝敗ライン”だった30議席を上回った岡田民進党。しかし“反執行部”の保守派議員は「共産党と組んだから票が逃げた」と、9月に行われる代表選では“路線変更”を掲げ、岡田代表の対抗馬を立てるつもりだ。すでに前原誠司氏、細野豪志氏の名前が挙がっている。

「民進党内には“野党協力は成果があった”という声もありますが、野党共闘に反対してきた前原さんや細野さんは、あくまで失敗だったという立場です。もし、都知事選で“野党4党”が推す鳥越俊太郎さんが惨敗したら、『やっぱり野党協力は有権者に支持されていない』と、一気に“岡田降ろし”を強めていくはず。恐らく9月の代表選は、前原さんと細野さんが事前に話し合い、どちらかが出馬することになるはずです」(民進党事情通)

 “反執行部”は、前原誠司氏と細野豪志氏がタッグを組めば、不人気の岡田克也代表に圧勝できると計算しているようだ。しかし、2人が代表選に出馬しても惨敗するという見方が根強い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  8. 8

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る