野党共闘はどうなったのか 民進党が狛江市長選で内輪モメ

公開日:  更新日:

 民進党がまた野党共闘の足並みを乱している。告示された東京の狛江市長選(19日投開票)への対応だ。

 再選を狙う1期目の高橋都彦市長(64=自民、公明、民進推薦)に市民団体代表の平井里美氏(54=共産、社民推薦)が挑む一騎打ちなのだが、平井氏への支援をめぐり、民進党が内輪もめしている。都連は自公と一緒になって現職を推薦し、現場の狛江支部は自主投票を決めたという。

 狛江市はバカラ賭博による借金で市長が1996年に突然辞任。以降、4期16年にわたって都内で唯一、共産党員がトップを務めた。その矢野裕前市長の後継者が前回の選挙で敗れ、自民、公明、民主(当時)が推薦した高橋市長が初当選した経緯がある。

「前回は共産との争いだったため、自民が担いだ高橋市長に民主も相乗りしましたが、今回は構図が違う。高橋市政への不満に加え、国政レベルでの野党共闘の動きが後押しになり、平井氏への支援で固まっていた。ところが、都連が頭越しに高橋市長への推薦を決めてしまったのです。結局、両者の溝が埋まらず、支部は自主投票を決めました」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る