高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

改憲の口実と化す地球規模の動乱 今こそ平和国家の役割を

公開日:  更新日:

 このところ、国内の報道は都知事選一色だ。私の住む広島でもニュースのトップで扱い、どの候補が何をしゃべったかと伝えている。参院選後は安倍内閣の閣僚をはじめ、政府の要人たちもおとなしいものだ。うっかり口を開けば都知事選に悪影響を与えるとでも考えているのか、すっかり鳴りを潜めている。

 安倍首相にいたっては夏休みを先取りし、山梨の別荘に滞在してゴルフを楽しんでいるようだ。日本国内は「のどか」と言えばその通りの状況ではあるが、世界を見渡せば、とんでもない事態が続発している。

 仏南部ニースで革命記念日の花火大会の会場に暴走トラックが突入するテロが発生して、84人が犠牲となった。

 翌日には、トルコで軍事クーデターの動きが発生した。およそ12時間で全権掌握にいたる前に制圧されたが、巻き込まれた民間人の犠牲者は約150人に上る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る