鳥越氏苦戦の今やっと…民進・岡田代表“応援入り”の計算

公開日:  更新日:

 三つ巴の戦いだった都知事選(31日投開票)は小池百合子元防衛相(64)がリードを守り、告示直前に民進党の岡田代表が擁立した野党統一候補のジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(76)は苦戦を強いられている。

「岡田代表はメディアのコラムで鳥越氏について〈街頭演説を聞いてもらえば分かるが、市民の声に耳を傾けて、強い信念で選挙に臨んでいる〉などと持ち上げていましたが、直接演説を聞いたのは掲載日以降なんです。ここまでキツイ選挙戦になるとは想定外だったようで、応援にはまったく入っていませんでした」(永田町関係者)

 鳥越氏は遊説や視察先でトンチンカンな発言を繰り返し、当初から懸念材料だった高齢批判や健康不安が強まっている。ヘタをすれば野党共闘がオシャカになりかねない。本番まで残り4日を切った27日、岡田代表はようやく弁士に立った。それが、9月に予定されている党代表選での再選に向けての地ならしだというからビックリだ。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る