鳥越氏苦戦の今やっと…民進・岡田代表“応援入り”の計算

公開日: 更新日:

 三つ巴の戦いだった都知事選(31日投開票)は小池百合子元防衛相(64)がリードを守り、告示直前に民進党の岡田代表が擁立した野党統一候補のジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(76)は苦戦を強いられている。

「岡田代表はメディアのコラムで鳥越氏について〈街頭演説を聞いてもらえば分かるが、市民の声に耳を傾けて、強い信念で選挙に臨んでいる〉などと持ち上げていましたが、直接演説を聞いたのは掲載日以降なんです。ここまでキツイ選挙戦になるとは想定外だったようで、応援にはまったく入っていませんでした」(永田町関係者)

 鳥越氏は遊説や視察先でトンチンカンな発言を繰り返し、当初から懸念材料だった高齢批判や健康不安が強まっている。ヘタをすれば野党共闘がオシャカになりかねない。本番まで残り4日を切った27日、岡田代表はようやく弁士に立った。それが、9月に予定されている党代表選での再選に向けての地ならしだというからビックリだ。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る