日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北朝鮮の弾道ミサイル秋田沖に落下 初の排他的経済水域内

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は3日午前7時50分ごろ、南西部の黄海南道・殷栗付近から日本海に向け弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルは日本のほぼ全域を射程に収める中距離弾道ミサイル「ノドン」とみられる。

 中谷防衛大臣は、防衛省で記者団に対し、ミサイルは約1000キロ飛行し、秋田県の男鹿半島から西に約250キロ、日本海上の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したものと推定されると明らかにした。

 午後0時時点で付近を航行する船舶、航空機への被害情報は確認されていない。北朝鮮のミサイルの弾頭部分がEEZ内に落下したのは、今回が初めてだ。

 また米戦略軍によると、北朝鮮が発射した「ノドン」は2発で、ほぼ同時に発射され、うち1発は直後に爆発したという。北朝鮮は今年に入って19発の弾道ミサイルを発射している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事