北朝鮮の「水爆実験」に激怒 中国は金正恩を暗殺するのか

公開日:  更新日:

 世界中が一斉に批判の声を上げている北朝鮮の「水爆実験」。とくに、カンカンなのが中国だ。北朝鮮の「後見役」である中国は、これまで一貫して北朝鮮に「核実験」の自制を求めてきた。ところが、北朝鮮は事前通告もなしに「水爆実験」を強行。中国を完全に無視した格好である。この先、中国がアクションを起こすのは間違いないだろう。「金正恩暗殺説」まで浮上している。

 中国の怒りは凄まじい。中国外務省は「断固反対する」と声明を発表。北京の北朝鮮大使館の責任者を呼び、猛烈に抗議している。北朝鮮は、過去3回「核実験」をしているが、「血の結束」で結ばれた中国に対しては、毎回事前に通告してきた。ところが、今回は“抜き打ち”で実施している。

「中国は衝撃を受けているはずです。昨年11月、中国共産党序列5位の高官が訪朝し、金正恩と会談。直接、朝鮮半島の非核化を要請しています。なのに、その3カ月後に核実験を強行した。中国は完全にメンツをつぶされた。中国は金正恩の暴走を止められない、コントロールできない、ということがハッキリし、ショックを受けているのは間違いないでしょう」(外交関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る