• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北朝鮮の「水爆実験」に激怒 中国は金正恩を暗殺するのか

 世界中が一斉に批判の声を上げている北朝鮮の「水爆実験」。とくに、カンカンなのが中国だ。北朝鮮の「後見役」である中国は、これまで一貫して北朝鮮に「核実験」の自制を求めてきた。ところが、北朝鮮は事前通告もなしに「水爆実験」を強行。中国を完全に無視した格好である。この先、中国がアクションを起こすのは間違いないだろう。「金正恩暗殺説」まで浮上している。

 中国の怒りは凄まじい。中国外務省は「断固反対する」と声明を発表。北京の北朝鮮大使館の責任者を呼び、猛烈に抗議している。北朝鮮は、過去3回「核実験」をしているが、「血の結束」で結ばれた中国に対しては、毎回事前に通告してきた。ところが、今回は“抜き打ち”で実施している。

「中国は衝撃を受けているはずです。昨年11月、中国共産党序列5位の高官が訪朝し、金正恩と会談。直接、朝鮮半島の非核化を要請しています。なのに、その3カ月後に核実験を強行した。中国は完全にメンツをつぶされた。中国は金正恩の暴走を止められない、コントロールできない、ということがハッキリし、ショックを受けているのは間違いないでしょう」(外交関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る