世界が懸念…北朝鮮とIS接近で核が自爆テロに使われる

公開日:  更新日:

 本当だったら恐ろしいことになる――。北朝鮮の金正恩第1書記が「わが国は今日、自衛の核爆弾、水素爆弾の巨大な爆音を響かせることができる強大な核保有国になった」と発言したからだ。これまでも北朝鮮は核保有国と主張してきたが、金正恩本人が水爆保有に言及したのは初めてだ。

 北朝鮮は既に核実験を3回実施。以前にも「より強い、より効果の高い」武器の保有についてほのめかしているだけに、最悪の事態も想定される。軍事ジャーナリストの神浦元彰氏はこう言う。

「今、北朝鮮が持っている技術で水爆を造るのは難しいでしょう。一応、核実験には成功はしていますが、エネルギーの放出量などの規模が小さかった。小型化もまだ1度も実験していません。今回の発言は、金第1書記が自分を大きく見せるために言った可能性が高い」

 いずれにしろ、北朝鮮が急ピッチで核開発を進めているのは間違いない。ヤバいのは核爆弾がテロ国家に流出することだ。金正恩とシリアのアサド大統領の“蜜月”ぶりは有名だ。互いの誕生日にメッセージを交わし、シリアに武器が輸出されているという話は以前からある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る