世界が懸念…北朝鮮とIS接近で核が自爆テロに使われる

公開日:  更新日:

 本当だったら恐ろしいことになる――。北朝鮮の金正恩第1書記が「わが国は今日、自衛の核爆弾、水素爆弾の巨大な爆音を響かせることができる強大な核保有国になった」と発言したからだ。これまでも北朝鮮は核保有国と主張してきたが、金正恩本人が水爆保有に言及したのは初めてだ。

 北朝鮮は既に核実験を3回実施。以前にも「より強い、より効果の高い」武器の保有についてほのめかしているだけに、最悪の事態も想定される。軍事ジャーナリストの神浦元彰氏はこう言う。

「今、北朝鮮が持っている技術で水爆を造るのは難しいでしょう。一応、核実験には成功はしていますが、エネルギーの放出量などの規模が小さかった。小型化もまだ1度も実験していません。今回の発言は、金第1書記が自分を大きく見せるために言った可能性が高い」

 いずれにしろ、北朝鮮が急ピッチで核開発を進めているのは間違いない。ヤバいのは核爆弾がテロ国家に流出することだ。金正恩とシリアのアサド大統領の“蜜月”ぶりは有名だ。互いの誕生日にメッセージを交わし、シリアに武器が輸出されているという話は以前からある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る