高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

今こそ協調を グローバル時代に超低金利政策の破綻は必定

公開日:  更新日:

 このところ、1ドル=100円の円高水準がすっかり定着してきた。平均株価も1万7000円台のカベを越えられず、1万6000円台半ばで小幅な上げ下げを繰り返している。

 昨年暮れに1ドル=120円台の円安に振れ、株価2万円の大台をうかがった勢いも今は昔。黒田日銀の異次元レベルの金融緩和もむなしく、アベノミクスの要となるはずだった円安・株高は完全に逆転してしまったようだ。

 黒田日銀は、効果が薄れるばかりの低金利政策をいつまで続けるつもりなのか。本気で潮時を考えるべきだ。

 金利を下げれば通貨安を招き、株式市場に輸出の追い風を連想させ、大相場が訪れる。ひと昔前の経済学の教科書なら、そんなセオリーも通じたかも知れない。だが、経済のグローバル化が叫ばれて、すでにもう四半世紀が経った。日本だけがカビの生えた教科書に従っても仕方がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る