プーチン来日のため 安倍首相「ロシア担当相」異例の新設

公開日:  更新日:

 プーチンを日本に呼ぶため、大臣ポストまで新設するなんて異常だ。

 安倍首相は2日にロシアのウラジオストクで行われる日ロ首脳会談に向け、新たに「ロシア経済分野協力担当大臣」を設置する意向を固めた。世耕経済産業大臣に兼務させる方針だ。

 さらに安倍首相は今回の訪ロの際、ウラジオストクで毎年、首脳会談を行うことも提案するという。

 日ロ両政府はプーチン大統領が12月上旬に来日し、安倍首相の地元・山口県での首脳会談に向け本格的な調整に入ったばかり。北方領土問題の解決という歴史的事業への色気があるのかもしれないが、外国首脳の“呼び込み担当相”の創設とは、ムチャクチャだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る