トランプ“暴言”封印 米大統領選TV討論会初対決で差つかず

公開日: 更新日:

 最初の直接対決は、双方とも「決定打」も「致命的なミス」もなく優劣つかず――。約40日後に迫った米大統領選に向けて民主党候補のヒラリー・クリントン(68)と共和党候補のドナルド・トランプ(70)が26日夜(日本時間27日午前)、ニューヨーク州ヘンプステッドのホフストラ大学で、第1回のテレビ討論会を行った。

 テレビ討論会は全部で3回行われる。女性初の大統領候補であるヒラリーと過激な発言で知られる不動産王のトランプの初の直接対決に世界中の注目が集まり、約1億人が視聴したとみられる。過去最多の1000人の報道陣が見守る中、「米国の進路」「繁栄の達成」「米国の安全確保」という3つのテーマを巡り、激論を交わした。

 徹底的な準備を行ったと報じられたヒラリーは、すべての質疑応対が「想定内」だったようで、あらゆる質疑応答に人工的な笑みを浮かべ、一貫して沈着冷静な態度を崩さなかった。一方、トランプも下品な暴言は封印。口をはさむ場面はしばしば見られたが、ヒラリーの発言を邪魔することはなかった。それでも、米メディアは「大統領選としては珍しくケンカのような騒々しい討論会だった」と批評した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る