• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプが銃支持者扇る発言 “ヒラリー暗殺”防げるのか

「ヒラリー暗殺」を促すような発言をして批判を浴びている共和党の大統領候補トランプ。

 なにしろ、南部ノースカロライナ州で開いた9日の集会で、ピストル保有の権利を定めた「合衆国憲法修正第2条」を話題にした上で、「ヒラリーが大統領になれば修正第2条を廃止にするだろう」「そうなったら我々はなにもできなくなる」「しかし、修正第2条を支持する人々にはできることがあるかも知れない」と、支持者を挑発したのだから暗殺を促したのも同然である。

 恐ろしいのは、アメリカ社会は暗殺と無縁ではないことだ。過去、4人の大統領が暗殺され、暗殺未遂、暗殺計画が明らかになったのは14人もいる。

 しかも、ヒラリーは銃保有への規制強化を訴え、会員500万人を抱える「全米ライフル協会」と激しく対立している。「私は銃ロビー団体を受けて立つ」と宣戦布告している。「修正第2条」を支持している銃保持者が、ヒラリーを敵視しているのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る