• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イランに4億ドル空輸問題 トランプが政府批判で反転攻勢

 トランプの巻き返しとなるのか。

 イランで拘束されていた米国人4人が今年1月に釈放された際に、米政府が4億ドル(約400億円)相当の現金を、覆面貨物機で極秘裏にイランに空輸していたという。もし、これが身代金だったとしたら、国際的な大問題。これまで「テロリストとは一切交渉しない」としてきた米国の方針がデタラメだったことになるからだ。

 米ホワイトハウスは「この4億ドルは、イランが1979年に武器調達費として米国に支払った金額の一部だ」とし、現金と人質解放とは無関係だと説明。だが、一報を報じた米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、イランの報道機関は「空輸された現金は身代金」だと報じているという。

 これに“噛みついた”のが、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプだ。声明で「テロ資金の空輸」と称し、問題の現金は「間違いなくテロリストの手に渡っただろう。これはスキャンダルだ」などとオバマ政権を猛批判している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る