英EU離脱が後押し トランプ米大統領誕生に強まる現実味

公開日: 更新日:

 英国のEU離脱決定で、ドナルド・トランプが「英国民は主権を取り戻した。素晴らしいことだ」と“勝利宣言”した。イスラム教徒を敵視するトランプは過激な移民規制をブチ上げているからだ。

 本人は英国のEU離脱が米大統領選の追い風になると思っているらしい。しかし、EU離脱によって英国内が混乱すれば、米国民は変化を嫌う可能性もある。はたして、「Brexit」はトランプにとってプラスに働くのか。

 国際ジャーナリストの春名幹男氏(早大客員教授)は言う。

「トランプ陣営は勢いづいています。というのは、EU離脱派の勝利はポピュリズムの勝利。残留派が優勢とみられた中、番狂わせが起きたのは社会に不満を抱く層にとって、激変が唯一の希望だからです。トランプ支持者は自信を深めている。一方、扇動的リーダーにしてみればひょうたんからコマ状態で、ウケ狙いで仕掛けたネタに世論がガッチリ食い付いてくる。米大統領選はヒラリー・クリントンが本命視されていますが、トランプが金星を挙げる可能性が一気に高まりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る