英EU離脱が後押し トランプ米大統領誕生に強まる現実味

公開日: 更新日:

 英国のEU離脱決定で、ドナルド・トランプが「英国民は主権を取り戻した。素晴らしいことだ」と“勝利宣言”した。イスラム教徒を敵視するトランプは過激な移民規制をブチ上げているからだ。

 本人は英国のEU離脱が米大統領選の追い風になると思っているらしい。しかし、EU離脱によって英国内が混乱すれば、米国民は変化を嫌う可能性もある。はたして、「Brexit」はトランプにとってプラスに働くのか。

 国際ジャーナリストの春名幹男氏(早大客員教授)は言う。

「トランプ陣営は勢いづいています。というのは、EU離脱派の勝利はポピュリズムの勝利。残留派が優勢とみられた中、番狂わせが起きたのは社会に不満を抱く層にとって、激変が唯一の希望だからです。トランプ支持者は自信を深めている。一方、扇動的リーダーにしてみればひょうたんからコマ状態で、ウケ狙いで仕掛けたネタに世論がガッチリ食い付いてくる。米大統領選はヒラリー・クリントンが本命視されていますが、トランプが金星を挙げる可能性が一気に高まりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    ソフト甲斐野5000万円更改も…東洋大出世争いに意外な伏兵

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る