日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

もはや失敗した政策 アベノミクスを「加速させる」空疎さ

 安倍首相は「アベノミクス加速国会」と位置づけているそうだ。26日に召集された秋の臨時国会。所信表明演説で、首相は「アベノミクスを一層加速し、デフレからの脱出速度を最大限まで引き上げてまいります」と言い切ったが、一体、アベノミクスの何を加速させるというのか。

 実質2%の成長目標を掲げたものの、四半期ごとのGDPはプラスとマイナスを行ったり来たり。プラス幅も常に1%未満にとどまっている。昨年の今ごろ、安倍首相は「2020年ごろにはGDP600兆円を実現させる」と豪語したが、実質ゼロ成長続きでどうやって達成させる気なのか。

「GDP600兆円は冗談でした」と言うのなら、また別の問題になるが、本気で言ったのなら、その道筋をハッキリさせるべきだ。

 マイナス金利という前例のない政策に踏み切っても、2%の物価上昇率目標には、まだまだ届かない。自身が掲げた目標と実態の乖離を、安倍首相はどう考えているのだろう。いつだって掛け声だけは勇ましいが、常に実績が伴わない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事