• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。

<番外編> 議員不要の「有識者会議」政治は明白な違憲だ

小林節・慶大名誉教授(C)日刊ゲンダイ

 天皇の生前退位を認めることについて、もはや国民的合意が形成されていることは明白である。しかし、今回の件で内閣との連携が不十分で責任を取らされたといわれる風岡前宮内庁長官の「内閣官房にはできるだけ優先的に対応していただき、速やかに検討が進むことを願っている」という退任メッセージに…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事