管理システム稼働も…豊洲地下水の「水位」に変化なし

公開日: 更新日:

 何から何までデタラメだ。東京・豊洲新市場の建物地下に「盛り土」がされておらず、たまり水が見つかった問題。都側が「地下水の上昇を抑える」と説明していた「地下水管理システム」を本格稼働させたにもかかわらず、水位に変化がないことが分かった。

 地下の空洞にたまっている水について、市場の安全性を検証する「専門家会議」は「雨水ではなく地下水が上昇したもの」と判断。これに対し、都側は「地下水管理システムが本格稼働すれば、地下水を盛り土の層の下までに抑え、たまった水も解消される」と説明していた。

 ところが、17日から管理システムを稼働させたものの、地下水の水位は下がっていないという。都はNHKの取材に対して「この夏の雨が多く、もともとの水位が高かったため」なんて言っているようだが、子供じみた言い訳にはいいかげん、ウンザリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

  10. 10

    緊急事態宣言いよいよ全面解除 感染しない外出の楽しみ方

もっと見る