管理システム稼働も…豊洲地下水の「水位」に変化なし

公開日:

 何から何までデタラメだ。東京・豊洲新市場の建物地下に「盛り土」がされておらず、たまり水が見つかった問題。都側が「地下水の上昇を抑える」と説明していた「地下水管理システム」を本格稼働させたにもかかわらず、水位に変化がないことが分かった。

 地下の空洞にたまっている水について、市場の安全性を検証する「専門家会議」は「雨水ではなく地下水が上昇したもの」と判断。これに対し、都側は「地下水管理システムが本格稼働すれば、地下水を盛り土の層の下までに抑え、たまった水も解消される」と説明していた。

 ところが、17日から管理システムを稼働させたものの、地下水の水位は下がっていないという。都はNHKの取材に対して「この夏の雨が多く、もともとの水位が高かったため」なんて言っているようだが、子供じみた言い訳にはいいかげん、ウンザリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る