• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また挑発行動…死に体韓国を襲う北朝鮮「軍事行動Xデー」

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、また挑発行動に出た。国内に設けた実物の2分の1の韓国大統領府を特殊部隊に襲撃させ、関係者を拉致する軍事演習を北朝鮮メディアに報じさせたのだ。最後は一斉射撃を加え、大統領府は炎上。朝鮮中央通信は「金正恩同志は〈よくやった。敵は抵抗するどころか身を隠す隙間もないようだ〉と力強い笑みを浮かべられた」とも伝えた。どうやら、朴槿恵大統領の弾劾訴追が可決された翌10日に行ったシミュレーションらしい。

 韓国では職権停止された朴槿恵に代わり、大統領権限を代行する黄教安首相が北朝鮮の挑発に備えて軍の警戒強化を指示した直後。年明けには米国でトランプ新大統領が就任する。政権交代のタイミングでひと暴れするのが北朝鮮のいつものパターンだ。

「北朝鮮が軍事行動を起こす要素が重なっています。年末に向け、メモリアルデーも控えている。17日は金正日総書記の5周忌で、30日は金正恩委員長の後継就任から5周年の節目。北朝鮮では5は験担ぎにも用いられる数字であることから、弾道ミサイルの発射や核実験の実施の懸念が高まっています」(朝鮮半島事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る