また挑発行動…死に体韓国を襲う北朝鮮「軍事行動Xデー」

公開日: 更新日:

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、また挑発行動に出た。国内に設けた実物の2分の1の韓国大統領府を特殊部隊に襲撃させ、関係者を拉致する軍事演習を北朝鮮メディアに報じさせたのだ。最後は一斉射撃を加え、大統領府は炎上。朝鮮中央通信は「金正恩同志は〈よくやった。敵は抵抗するどころか身を隠す隙間もないようだ〉と力強い笑みを浮かべられた」とも伝えた。どうやら、朴槿恵大統領の弾劾訴追が可決された翌10日に行ったシミュレーションらしい。

 韓国では職権停止された朴槿恵に代わり、大統領権限を代行する黄教安首相が北朝鮮の挑発に備えて軍の警戒強化を指示した直後。年明けには米国でトランプ新大統領が就任する。政権交代のタイミングでひと暴れするのが北朝鮮のいつものパターンだ。

「北朝鮮が軍事行動を起こす要素が重なっています。年末に向け、メモリアルデーも控えている。17日は金正日総書記の5周忌で、30日は金正恩委員長の後継就任から5周年の節目。北朝鮮では5は験担ぎにも用いられる数字であることから、弾道ミサイルの発射や核実験の実施の懸念が高まっています」(朝鮮半島事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    【侍ジャパン】稲葉監督にズバリ不安あり!サヨナラ逆転勝利で霞んだ“迷采配”ぶりを検証

もっと見る