また挑発行動…死に体韓国を襲う北朝鮮「軍事行動Xデー」

公開日:

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、また挑発行動に出た。国内に設けた実物の2分の1の韓国大統領府を特殊部隊に襲撃させ、関係者を拉致する軍事演習を北朝鮮メディアに報じさせたのだ。最後は一斉射撃を加え、大統領府は炎上。朝鮮中央通信は「金正恩同志は〈よくやった。敵は抵抗するどころか身を隠す隙間もないようだ〉と力強い笑みを浮かべられた」とも伝えた。どうやら、朴槿恵大統領の弾劾訴追が可決された翌10日に行ったシミュレーションらしい。

 韓国では職権停止された朴槿恵に代わり、大統領権限を代行する黄教安首相が北朝鮮の挑発に備えて軍の警戒強化を指示した直後。年明けには米国でトランプ新大統領が就任する。政権交代のタイミングでひと暴れするのが北朝鮮のいつものパターンだ。

「北朝鮮が軍事行動を起こす要素が重なっています。年末に向け、メモリアルデーも控えている。17日は金正日総書記の5周忌で、30日は金正恩委員長の後継就任から5周年の節目。北朝鮮では5は験担ぎにも用いられる数字であることから、弾道ミサイルの発射や核実験の実施の懸念が高まっています」(朝鮮半島事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る