新たな資金源? 金正恩が輸出もくろむ“精力増強剤”の中身

公開日: 更新日:

 最近は「南」のトップのスキャンダルに隠れがちだが、「北」の3代目が新たな資金源づくりに躍起になっている。相次ぐ核ミサイル実験で国際的な経済制裁を食らう中、起死回生をかけているのが精力増強剤。北朝鮮の英知を結集して開発したという。

 衝撃の内幕をバラしたのは、韓国で暮らす脱北者のキム・ヒンスク氏。金日成主席や金正日総書記の健康管理を担う「長寿研究所」の元研究員だ。英デーリー・スター電子版の取材で明かしたのだが、さらに驚くのがその成分。ウニのゆで汁、アルコール漬けキノコ、ヘビのエキスだという。怪しさ満載である。

 医学博士の米山公啓氏はこう言う。

「そもそも、精力増強剤に医学的根拠はない。バイアグラに代表されるED治療薬は勃起不全を改善するもので、まったく別物。ですから、言ったもの勝ちなんです。しかし、ウニで精力アップは期待できないでしょう。ただ、われわれが口にするのは成熟する前の生殖巣。牛の睾丸を珍重するのと同じ流れかもしれません。キノコも食用から幻覚作用を引き起こすものまでさまざまある。ヘビのエキスはいかにも古典的で、マムシ酒を強壮剤代わりにするのと似た雰囲気を感じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  2. 2

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  3. 3

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  4. 4

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  7. 7

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る