5回目核実験に中国激怒 北朝鮮「金正恩暗殺」のXデー

公開日:  更新日:

 9日、北朝鮮が5回目の核実験を強行した。爆発規模は、TNT火薬換算で過去最大の10キロトン。1月に実施した4回目の約2倍に当たる爆発エネルギーだ。世界中で批判の声が上がっているが、中国との関係も冷え込むばかりだ。中国外務省は「核実験に断固反対する」と声明を発表。近く北京の北朝鮮大使館の責任者を呼んで抗議する。

「メンツを丸潰れにされた習近平国家主席は金正恩政権にカンカンです。北朝鮮の4回目の核実験を受け、中国は今年3月、過去20年で最も厳しい国連安保理の制裁決議に同意。が、最近は米韓が進めるミサイル防衛システムの配備を牽制するため、中朝貿易拡大に向けて動こうとしていた矢先でした。中国は足元を見透かされた形です」(外交関係者)

 しかも、金正恩は今月5日、中国が国家の威信を懸けて開催したG20首脳会議当日にノドン3発を発射した。何度も顔に泥を塗られ、さすがの習近平も黙っていられないのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る