日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪バトルは第2幕へ 小池知事が仕掛ける“森封じ”の一手

 小池百合子知事vs森喜朗氏の主導権争いが第2ステージに入った。東京五輪の3競技会場見直しは、仕掛けた小池都知事の完敗。永田町の力学を駆使した組織委の森喜朗会長に軍配が上がった。収まらない小池知事は「4者協議」に向けて新たな矢を放とうとしている。

 五輪の準備を担う4者協議は、21日開催予定。〈組織委、都、IOC、政府〉の面々が顔をそろえる。議題は、巨額経費をどの組織がいくら支払うかだ。

 その席で組織委は大会経費が約1.6兆~1.8兆円程度とする最新試算を提示する方針だという。内訳は運営費8200億円、施設整備費6800億円、予備費1100億~3400億円とされ、会場周辺事業者への営業補償や広域開催に伴う道路整備費などは含まれていない。つまり、1.8兆円で収められるかどうかも分からないのだ。

 そのうち、組織委が負担するのは約5000億円。森喜朗氏は、残りを開催都市である都に押し付けるつもりでいる。経費削減を求める小池サイドとの溝は深まる一方だ。小池知事は徹底抗戦し、森喜朗氏に一泡吹かせる作戦を練っているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事