小池氏への意趣返しか バレー会場“横浜市文書”の胡散臭さ

公開日:

 どうりで森喜朗大会組織委会長がドヤ顔していたわけだ。東京五輪のバレーボール会場の見直し候補に浮上している「横浜アリーナ」。地元・横浜市が1日緊急会見を開き、東京都に対して「競技団体、IOCの意向が一致していることが重要」などとする“文書”を提出していたことを明らかにした。

 “文書”は11月25日付。「横浜市の考え方について」と題し、主に「周辺の土地所有者への説明」「地域住民への説明」「競技団体の意向の一致」の3項目を都に求めている。

 同29日に都内で開かれた都、組織委、IOC、政府の4者協議では、都がバレーボール会場を既設の「横浜」か、新設の「有明」にするかを「クリスマスまで」に決める方針を説明。これに対し、森氏が「横浜の方が迷惑している。横浜市は横浜アリーナで開催することに合意しているのか」と気色ばみ、小池百合子都知事が「決めたらぜひやりたいという言葉をいただいた」と反論していた。だが、今回の横浜市の“文書”を読む限り、開催はほぼ不可能に近いと言っていい。小池知事にとっては、赤っ恥をかいたのも同然で、森氏にしてみれば「してやったり」だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る