曲芸外交の化けの皮が剥がれた安倍政権は行き詰まり退陣

公開日: 更新日:

 イギリスのEU離脱にアメリカのトランプ大統領誕生――。2016年は専門家の見立てがことごとく外れ、世界中が茫然自失となった。しかし、17年はこの程度では済みそうにない。世界中で反グローバルの嵐が吹き荒れ、その延長線上で排他主義が横行。国家主義者の跋扈がますます加速し、世界が混沌を極めるのは確実である。

 最悪なのは、激動の時代に、この国のトップが無定見な独裁者気取りということだ。

「安倍首相は自ら『外交』を得意分野だと思ってきました。ところが、アベノミクスのエンジンとしてきたTPPはトランプ次期大統領にハシゴを外され、ロシアのプーチン大統領を地元・山口まで招いても北方領土は返ってこない。一方でトランプ政権の国務長官には親プーチン派が就く見通し。安倍首相の頭越しに米国が接近し、日本の存在感が薄くなる可能性もあります」(政治評論家・野上忠興氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ZOZO前社長・前澤氏が募集 秘書広報の報酬と求められる物

  2. 2

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  3. 3

    屋良朝博氏「辺野古一択は時代錯誤」政府の思考停止を看破

  4. 4

    消費増税でコンビニ大混乱「301円問題」と「111円問題」

  5. 5

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    進次郎株ダダ下がり “ステーキ&セクシー”発言で笑い者に

  8. 8

    ZOZO前澤氏の売却で注目 これがニッポンの株長者リスト

  9. 9

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  10. 10

    初代女王から隔世の感 女子プロに20代1億円プレイヤー続々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る