史上最低トランプ大統領の米国は半年もたたずボロを出す

公開日: 更新日:

 米国では今も各地で反対デモが起きるなど、相変わらず評判が悪いトランプ次期大統領。米政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」がまとめた最近の世論調査では、トランプに好意的な人が45%だったのに対し、否定的な人は約50%に上った。就任前から不支持の方が多い大統領なんて、前代未聞だ。

「大統領選の最終的な集計結果を見ても、ヒラリー氏の得票の方が約290万票も上回っていた。選挙人による投票でも造反が出ていて、トランプ氏の政権運営は順風満帆とはいかないでしょう」(早大客員教授・春名幹男氏)

 鍵を握るのが閣僚人事だが、これまで発表された顔ぶれをみると、軍人上がりと大富豪ばかり。特に、国務長官に石油大手エクソンモービルCEOのレックス・ティラーソン氏を指名したことが波紋を呼んでいる。

「閣僚人事には上院の承認が必要ですが、ロシアのプーチン大統領と親密なティラーソン氏の国務長官就任には、共和党内でも反対の声が多い。当初から議会側との対立が予想されます。また、ロシアがサイバー攻撃を仕掛け、大統領選でトランプ氏が勝つように干渉したとされる問題も尾を引きそうです。オバマ大統領は任期中に詳細なリポートをまとめるよう、情報機関に指示していて、結果次第では、トランプ氏はすぐさま窮地に陥るでしょう」(春名幹男氏=前出)

 今は景気改善の期待感で上がっている株価が、いつ失望売りに転じるかも分からない。なにより、あの暴言王だ。決定的な失敗をやらかすのは時間の問題。トランプ新大統領への期待感なんて、半年も持てばいい方だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る