慎太郎氏に“隠し玉” 百条委にドン内田氏喚問要求で大逆襲

公開日:  更新日:

 豊洲市場問題を巡って、今月20日に百条委員会での証人喚問が決まった石原慎太郎元都知事(84)。最近は、報道陣の連日の訪問に「ご苦労さん」と、なぜか笑顔を浮かべるほどの余裕ぶりだ。その余裕の“ウラ”は何か――慎太郎氏は、3日の会見で都議会最大会派の自民党に対し、とっておきの「ネタ」をぶつけ、“大逆襲”に出るつもりだ。

「知っていることは全部話す。困る人もいるかもしれないけどね」――慎太郎氏は先月、自信満々で報道陣にこう話していた。自信の裏付けである「ネタ」は、先日、引退表明したばかりの都議会“ドン”内田茂都議(77)の証人喚問を要求することだ。慎太郎氏が言う「困る人」とは、二人三脚で移転を推進してきた都議会自民党である。

「2011年3月当時、都議会は民主党が第1党で、移転反対派が賛成派を僅差で上回っていた。ところが同年3月11日、豊洲の移転関連費用を含む予算案が可決され、移転計画は一気に進みました。当時、反対派の民主都議を水面下で懐柔し、寝返らせたのが内田氏だったとされています。石原氏は会見で、当時の経緯を知った上で『移転に“お墨付き”を与えたじゃないか』と責任を議会に押し付け、『内田さんを百条委に呼べ』と訴える可能性がある。批判の矛先を自分以外にそらさせる“作戦”です」(都政記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る