• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

森友で追い込まれ… 安倍首相が下関市長選にシャカリキ

 森友学園問題で火ダルマになっている安倍晋三首相。9日午前10時前、千代田区役所にその姿があった。今度の日曜(12日)が投開票の地元・下関市長選の不在者投票に訪れたのだった。

 3人が立候補している市長選は保守分裂の構図だ。3選を目指す現職の中尾友昭候補(67)に対し、安倍首相が市議2期目だった元秘書の前田晋太郎候補(40)をぶつけた。現職のバックにいるのは地元選出参院議員の林芳正元農相で、父親の代からの「安倍派VS林派」のバトルが展開されている。

 安倍首相は前々回と前回の市長選でも自分の系列の元県議や市議を擁立したが、いずれも敗北している。森友問題で追い詰められる中、3度目も負ければ、地元だけでなく国政での求心力低下は否めない。安倍首相が推す前田候補には、自民党県連が推薦を出しているだけになおさらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る