日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

缶ビールにカップ麺…稲田政調会長の政治資金ズサン使途

 安倍首相にベッタリで「次期首相」の呼び声が高い稲田朋美政調会長(56)だが、政治資金の使い方はメチャクチャだ。本紙は、稲田氏が代表を務める資金管理団体「ともみ組」の1件1万円以下の支出に関わる「少額領収書」(2011~13年分)の写しを入手。精査すると怪しい支出が続々と出てきた。

〈アサヒスーパードライ缶350ML〉〈サッポロエビス缶350ML〉――11年2月28日付の領収書を見ると、缶ビールの他にアイスクリームや牛乳に2007円支出していることが分かる。他にも、コンビニでカップラーメンや菓子パン、喫茶店でクリームソーダやコーヒーなんかを年がら年中買っている。

 理解しがたいのは、これらの支出が全て「事務所費」に計上されていることだ。総務省は事務所費について、「事務所の維持に通常必要とされるもの」と定義づけていて、政治団体の家賃、通信費、清掃・修繕費、各種保険料などが該当する。事務所の維持のために「缶ビール代」を経費として認める組織が民間にあるとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事