建築士らリノベ案提示 築地“大胆改修プラン”続出の可能性

公開日:

 リノベーション(再生建築)のプロから続々と大胆プランが飛び出した。老朽建築や空き家の活用による地域再生を議論する「リノベーションまちづくりサミット 2017」が14~16日の3日間、都内で行われた。最終日の16日、議論の俎上に載せられたのは、移転問題で大揺れの「築地市場」の改修案だ。

 サミットを主催したリノベリング社の嶋田洋平代表は、こう言った。

「私たちは築地移転については反対でも賛成でもありません。『今あるものをどう生かしていくか』がリノベーションの基本的な考え方。今回は、私たちの活動を広く知ってもらうために、築地改修をテーマにしました。案を採用してほしいわけではありません」

■敷地の一角にライブステージ

 サミットでは、若手建築士15人が3グループに分かれ、5時間の制限内で現地視察を済ませた後、改修案を練り上げ、それぞれ発表。8人の審査委員が最優秀賞を選出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る