建築士らリノベ案提示 築地“大胆改修プラン”続出の可能性

公開日: 更新日:

 リノベーション(再生建築)のプロから続々と大胆プランが飛び出した。老朽建築や空き家の活用による地域再生を議論する「リノベーションまちづくりサミット 2017」が14~16日の3日間、都内で行われた。最終日の16日、議論の俎上に載せられたのは、移転問題で大揺れの「築地市場」の改修案だ。

 サミットを主催したリノベリング社の嶋田洋平代表は、こう言った。

「私たちは築地移転については反対でも賛成でもありません。『今あるものをどう生かしていくか』がリノベーションの基本的な考え方。今回は、私たちの活動を広く知ってもらうために、築地改修をテーマにしました。案を採用してほしいわけではありません」

■敷地の一角にライブステージ

 サミットでは、若手建築士15人が3グループに分かれ、5時間の制限内で現地視察を済ませた後、改修案を練り上げ、それぞれ発表。8人の審査委員が最優秀賞を選出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  4. 4

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  9. 9

    【Q】浴室で腐乱も…まわりに孤独死した人が何人もいます

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る