イージス艦大破を好機に 北朝鮮がテポドン2撃つ恐れは?

公開日:

「駆逐艦って意外ともろいんだな」と思った人もいるだろう。

 17日、伊豆半島沖で米海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」とフィリピン船籍のコンテナ船が衝突。イージス艦は迎撃システムの中枢である「フェーズド・アレイ・レーダー」を損傷した上、乗組員7人が死亡した。同艦は空母「ロナルド・レーガン」を含む空母打撃群に所属。BMD(弾道ミサイル防衛)システムを搭載し、約1200キロの射程をカバーしている。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏によると、フィッツジェラルドの装甲は通常の駆逐艦と同様。強固にできてはいるが、ぶつかった相手が自分の3倍以上のトン数だったため、水面下の部分が大きく損壊し、惨事につながったという。修理に最低でも半年、長ければ1年かかるというから大変だ。

「フィッツジェラルドの損失は日米両国にとって大問題です。米海軍が日本周辺に配置しているイージス艦のうちBMDを搭載しているのは7隻、自衛隊のBMD搭載艦は4隻です。補修や休養をする艦があるため、常時稼働しているのは米側が5隻、日本側が3隻の計8隻。実は8隻はギリギリの数字で、これが7隻に減るとミサイルを撃ち落とす確率がかなり低下します。かといって今の米海軍には、他の地域からイージス艦を持ってくる余裕はありません」(世良光弘氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る