イージス艦大破を好機に 北朝鮮がテポドン2撃つ恐れは?

公開日:

「駆逐艦って意外ともろいんだな」と思った人もいるだろう。

 17日、伊豆半島沖で米海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」とフィリピン船籍のコンテナ船が衝突。イージス艦は迎撃システムの中枢である「フェーズド・アレイ・レーダー」を損傷した上、乗組員7人が死亡した。同艦は空母「ロナルド・レーガン」を含む空母打撃群に所属。BMD(弾道ミサイル防衛)システムを搭載し、約1200キロの射程をカバーしている。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏によると、フィッツジェラルドの装甲は通常の駆逐艦と同様。強固にできてはいるが、ぶつかった相手が自分の3倍以上のトン数だったため、水面下の部分が大きく損壊し、惨事につながったという。修理に最低でも半年、長ければ1年かかるというから大変だ。

「フィッツジェラルドの損失は日米両国にとって大問題です。米海軍が日本周辺に配置しているイージス艦のうちBMDを搭載しているのは7隻、自衛隊のBMD搭載艦は4隻です。補修や休養をする艦があるため、常時稼働しているのは米側が5隻、日本側が3隻の計8隻。実は8隻はギリギリの数字で、これが7隻に減るとミサイルを撃ち落とす確率がかなり低下します。かといって今の米海軍には、他の地域からイージス艦を持ってくる余裕はありません」(世良光弘氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る