東京都は年間2億円支出 “特権都議”たちの公用車の使い方

公開日:

 舛添要一前都知事が公用車の私的利用などの問題で辞任して1年。知事の公用車利用は改善されたが、都議は野放し。“特権的”な使用の一端が、共産党都議団の調査で15日明らかになった。

 共産党によると、東京都では、正副議長だけでなく、幹事長や会派優先配車など都議会向けで公用車が22台もある。2015年度の経費は約2億円。次いで多い愛知県でも10台、4000万円だから東京都は断トツだ。

 そのうえ、用途も問題があるという。共産党が情報開示請求によって入手した公用車の「運転日誌」(2016年4月~17年3月9日)と議員の活動報告やSNSを照らし合わせると、選挙活動や党内活動など公務以外に使用されていた疑いがいくつも出てきたという。

●夕方、千代田区で行われた自民都議の「奥様感謝の会」。参加した数人の都議が夕方、公用車で千代田区に行っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る