ロッドマンはトランプの密使なのか 訪朝後に拘束学生解放

公開日: 更新日:

 13日、いきなり訪朝し、来週まで平壌に滞在する米プロバスケットボール(NBA)の元選手、デニス・ロッドマン。過去に少なくとも4回訪朝し、そのうち3回は金正恩委員長と面会。一緒に誕生日祝いをしたり、バスケの試合を観戦している。“独裁者”と太いパイプを持つ男だけに、今回の電撃訪朝は何かミッションがあるのではないかという見方が浮上している。

 トランプ政権は弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に圧力をかける一方、北朝鮮との対話も進めている。先月は米朝高官が欧州で非公式に接触。来月上旬にシンガポールで開催される「北東アジア協力対話」でも双方が6カ国協議再開の糸口を探るとみられている。

 果たしてロッドマンは米国のメッセージを伝えるための密使なのか。コリア・レポート編集長の辺真一氏が言う

「弾道ミサイルだけでなく、ICBM試射や核実験が差し迫りつつあるこのタイミングでの訪朝だけに、何かしらの役割を担って訪朝したと考えるのが自然です。ただ、過去のロッドマンの訪朝を振り返る限り、いずれもただの道楽です。酒をたらふく飲んでどんちゃん騒ぎするだけで、“バスケ外交”レベルの話ではなかった。今回も彼に過大な期待はしない方がいいと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る