【残業ゼロ】都職員20人に聞いた「残業は減りましたか」

公開日:

 都議選の争点のひとつが「小池都政」を信任するか否か。昨年の都知事選で小池百合子知事は、待機児童ゼロや満員電車ゼロなど「7つのゼロ」を公約に掲げた。就任からまもなく1年で、どれだけ「ゼロ」に近づいているのか。その副作用はないのか。検証のうえ、採点する。1回目は「残業ゼロ」。

 小池の公約を踏まえ、都は昨年10月から、部署間で競わせる「残業削減マラソン」や「20時完全退庁」を実施。実際に残業は減ったのか。本紙は先週金曜の午後5時から9時まで、都庁で帰途に就く都職員を直撃した。公務員の習性なのか、多くの職員に逃げられたが、何とか20人から回答を得た。その結果は――。

・減った=7人
・変わらない=12人
・増えた=1人

 減った要因は「昼間、集中して仕事をするようになった」(30代女性)、「仕事量は同じだが、やり方を変えた」(20代男性)、「自分は変わらないが周りは減っている」(30代男性)と言う人もいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る