日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

第1次政権末期とソックリ…安倍首相がすがる“腹心の友”

 最近、安倍首相が「政界の一寸法師」の異名を取った荒井広幸元参院議員と頻繁に会っている。荒井氏は昨年の参院選で落選。政界引退を表明し、今はコンサル業などで生計を立てているというが、今年に入って4回も「首相動静」に名前が登場。今月16日は東京・富ケ谷にある首相の私邸に招かれ、母・洋子さんを交えて3時間近く夕食を共にした。

「安倍首相と荒井氏は1993年の衆院初当選組で、若手時代から昼夜を問わず行動を共にしてきました。荒井氏は05年の郵政選挙で自民党を追われた後も安倍応援団を公言。2人は政界の名門中の名門出身と、議員秘書からの叩き上げと生い立ちが異なりますが、なぜかウマが合う。4歳下の荒井氏が首相を“親分”と呼んで慕い続けていることも大きい」(自民党関係者)

 安倍首相は普段からいつも秘書官や首相補佐官、萩生田官房副長官、世耕経産相といった“お友達”に囲まれているが、荒井氏はその中でも別格らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事