日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

しれっと再開発先送り 小池知事「築地守る」はハッタリか

 ゼロどころか、マイナス回答だ。28日、豊洲市場の追加汚染対策費など約55億円の補正予算案を審議する都議会臨時会が始まった。

 小池知事は6月20日に「築地は守る、豊洲を生かす」という基本方針を発表して以降、豊洲への早期移転を最優先課題に掲げながら、築地を守るための再開発は具体的な説明を避けてきた。それだけに7月の都議選後、初の議会への説明で何を語るか注目されたが、またもや肩透かしだ。

「先週、議会に提示された都知事による補正予算案提出の説明時間は、たった7分。さすがに短過ぎると風当たりの悪化を懸念したのか、自ら当日になって14分に延ばしたようですが、築地再開発に充てたのは1分20秒程度で、従来通り『築地のロケーションを最大限に生かした夢のある姿を描いていきたい』と、抽象的な説明だけでした」(ある野党系都議)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事