3年前の事件で逮捕 「親告罪」撤廃で震え上がるレイプ犯

公開日: 更新日:

「親告罪の規定撤廃によって誤認逮捕が生じるケースとして考え得るのは、人違いによって嫌疑をかけられた人、または同種の余罪で逮捕された人の場合に限られるでしょう」

 警察は今回の逮捕について、強姦事件に親告罪の規定は不要になった――とPRしたかったのだろう。だが、そんなことをしなくても、国民にレイプ犯は極悪非道と知らしめる手段はある。安倍首相と近しい関係とされたジャーナリスト、山口敬之氏のレイプ事件を立件することだ。被害女性は親告しないどころか、会見まで開いて訴えたではないか。警察は、着手すべき事件の順番が間違っているのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  9. 9

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る