希望の党が触手? 民進党の“巨額貯金150億円”3つの行く先

公開日:  更新日:

「希望の党」との合流騒動に揺れる民進党。関心を集めているのが、民進党の金庫に眠っている150億円の行方だ。民進党の前原代表が「希望の党を全力で支援する」と明言したこともあって、150億円は小池都知事率いる希望の党に分捕られるのではとの観測が流れているのだ。

 小池側近の若狭は「民進党の公金をもらうということは絶対にない」と断言。小池自身も「お金欲しさという批判は全くの間違い」と否定しているが、果たしてどうなるのか。

「小池知事と若狭さんの言っていることは事実かも知れません。大金を必要としていないからです。希望の党は、立候補予定者に対して供託金600万円の他に、党の広告宣伝費などとして100万円を徴収しているそうです。選挙用のビラの印刷代なども候補者負担にされるそうです」(政界関係者)

 となると、150億円はどうなるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る