高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

5年連続の“官製春闘”で糊塗するアベノミクスの経済失政

公開日: 更新日:

 むしろ、不毛なマイナス金利政策の長期化は金融機関の経営環境を圧迫している。おかげで3大メガバンクさえも大規模リストラを余儀なくされてしまった。みずほFGが今後10年間でグループ全体の3分の1に相当する約1万9000人分の業務削減を検討しているのをはじめ、3大メガバンクは今後、単純合計で3万2500人分の業務量を削減することになる。

 失敗が歴然のアベノミクスの異次元緩和が日本経済にもたらしているのは、賃上げどころか、大量のクビ切りなのだ。しかし、総選挙の大勝を受け、安倍首相が引き続き政権を担い、死屍累々の愚かな経済政策を誰も止められず継続されてしまう。あたかも先の大戦の過ちを想起させ、暗澹たる思いに駆られるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る