ロシア疑惑捜査でバノン氏が聴取同意 特別検察官と取引か

公開日: 更新日:

 米CNNテレビは17日、トランプ政権のロシアゲート疑惑をめぐり、トランプ大統領の元側近だったバノン前首席戦略官がモラー特別検察官の聴取に応じることに同意したと報じた。

 同日付ニューヨーク・タイムズは特別検察官が先週、バノン氏に大陪審での証言を求める召喚状を送ったと報道。召喚状の“脅し”が効いて聴取に応じる意向を固めたもようだ。

 バノン氏は政権の内幕を暴露した「炎と怒り」で、トランプの長男ジュニア氏ら3人が大統領選挙中にロシア人弁護士と接触したことを「反逆的」と非難。トランプの不興を買って政権を去った。その後、バノン氏は米右派系ニュースサイト「ブライトバート」の会長職から更迭された。

 特別検察官は昨年5月にロシアゲート疑惑を捜査していたコミー前FBI長官が解任された一件についても、バノン氏に事情を聴くものとみられている。失うものがなくなったバノン氏がどんな供述をするか、トランプは戦々恐々だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る